オリーブドラブ2

タミヤのアクリル塗料は、シンナー臭がしないのは良いのですが、ラインアップにムラがあって、色が存在しない場合は調色が必須です。

 

ソビエト戦車に使う「オリーブドラブ2」がないのは、昔からのナゾです。でもまあ、ソビエト戦車に「オリーブドラブ」というのも妙な感じですし、「ロシア戦車」に指定されているダークグリーンは暗過ぎる感じがしますし、陸上自衛隊ODを使うのも気が引けるしで、テキトーでも良いから調色することにしました。

 

今回のお題は、1/48のJS-2です。

 

豊富なWikiの写真から1枚。

 

*この「シロクマさん」の「432号車」は、まさにタミヤの1/48, および1/35のMMキットにあるヤツです。車体前面の「432」が無いなど、相違点もあるようですネ。

 

 

結構、緑ですネ。オリーブドラブ1の茶色がかった色ではないです。

 

ダークグリーンを明るくすれば、作れそうな感じです。なので、安易に、ダークグリーンXF61に、スカイグレイXF19をちょっとだけ加えました。お試しなので、目分量で計量せずに。

 

 

 

XF61は、今となっては懐かしい、大瓶時代のタミヤアクリルです。賞味期限を過ぎてる感があるので(瓶の中で色が妙に分離している)、早く消費するためにも今回多めに使いました。スカイグレイはアメリカ軍用機を作っていると多く使う色なので、ストックを使いました。

 

とりあえずは下地として塗ってみました。

 

 

前出のWikiの写真とは照明の条件が根本的に違う(室内のLED照明)のですが、肉眼で見ると模型実物はもう少し緑が強めです。

 

ただ、写真写りの雰囲気も混みで色彩を表現したいので、調色はもう少し緑の色味を強くしようかと思います。墨入れやウェザリングで彩度・明度(映像で言うとサチュレーションとブライトネスですネ)が落ちることも考慮して、損失分のマージンを含めておいたほうが良いですネ。

 

プレビュー.appで簡易調整しましたが、模型実物が下図くらいの写真写りになるように、再度塗料を調整します。

 

 

 

調整した画像の、キット奥の箱の色の変化を見ると、明るい黄緑方向にホワイトバランスが傾いた感じです。つまり、その傾きを、タミヤカラーの調色で表現すれば、屋外展示のソビエト戦車に似た基本色が作れそうです。

 

XF5のフラットグリーンと、XF21スカイを様子を見ながら足せば、上図のような色に変化するんじゃないかな、たぶん。

 

自分ながら意外ですが、日頃はRGBの世界に漬かっていても、塗料相手になると即座に水彩や油彩時代の勘が呼び戻されます。三つ子の魂百まで‥‥というか、10代まで経験は死ぬまで健在‥‥という感じですネ。

 

 

 

大体の割合をメモしておいて、後で調合の割合を整数化します。0.1グラム単位で計測可能なスケールでいつも調合してます。

 

例えば、ソビエト空軍時代のミグとかスホーイの銀って、「銀」の塗料の色とはかけ離れています。かと言って、フラットアルミやクロームシルバーとも違います。そんな時は、色を作ってしまえば良いのです。0.1グラム精度のスケールで測りながら。

 

*1グラム精度では、塗料の調合には大雑把過ぎます。0.1グラムモードのついている機種が良いです。

*ちなみに、タミヤアクリルの1瓶の内容量は、大体11.5〜12.0グラムです。調色するうちに知りました。

 

 

 

‥‥とは言うものの、私が今目指しているのは、「ベタ塗りをしない」絵画技法的アプローチなので、基本色を作ったからと言って、それをベタで塗ったりスプレーすることはないです。

 

隠蔽力の強弱によって色彩をコントロールする絵画的技法です。

 

色自体の隠蔽力の他に、水で希釈した場合とアクリル溶剤で希釈した場合、希釈の濃度によっても、結果は多彩に変化するので、単色に拘るのはある程度まで‥‥です。

 

タミヤアクリルの良いところは、アクリルの上にアクリルを上塗りしても「泣かない」(乾いた塗料が溶剤成分で溶け出さない)ところです。まさにアクリル絵具の手法が応用できて、故意に隠蔽力を不安定にして表情を出すことが可能です。

 

 

 

実際の塗料の色は厳密にはどんな状態だったか‥‥なんて言い出したら、いつまで経っても考証に明け暮れて、積んどくプラモが増えるだけですよネ。プラモキットを買うだけで作らずに死ぬんじゃ、モデラーではなくキットコレクターの人生です。

 

毎回調色する手間を削減するくらいのキモチで瓶詰めの塗料を考えて、実際に塗る際は、自分の思うように「プラモの表面にボックスアートを描く」くらいが、少なくとも私にはちょうど良いココロのテンションです。

 

子供の頃に戻って‥‥とはいかないまでも、達人モデラーの作例に似せないと作る意味がないなんて思わないで、もっと気楽に作りたいものですネ。

 

 


iPod Touch、修理で1万2千円也

以前買ったiPod touchの第6世代が、いつのまにか、液晶浮き=バッテリーの膨張で、いかにもヤバげな状態でした。…ので、正月休みのうちに修理に出して、昨日修理済み‥‥ではなく新品交換品を受け取りました。

 

iPhone6 Plusの時も、iPad Airの時もそうでしたが、今どきの修理は、新品交換なのよネ。

 

第6世代iPod touchは、iOS12までしかアップデートできないA8で、修理するかをちょっとだけ悩んだのですが、まだまだ現役でイケそうなので、修理しました。大して使わないまま壊れたので、なんだかもったいなくて。

 

お代は、12010円。‥‥微妙な値段ですネ。高いような安いような‥‥。

 

で、この新品で古いiPodをどう使っていこうかと迷いましたが、ちょうど新しいApple IDを使い始めて、「2ファクタ認証」が必要になったこともあり、なおかつ小型で場所もとらないので、番犬みたいな役割で使うことにしました。

 

64GBのモデルなので、音楽を入れるにしても容量はたっぷりあります。

 

実際、新品をセッティングした後で、どのくらい容量を消費しているか、確認したら、

 

 

‥‥と、10GBも既に消費済みなんですネ。何もしないうちから。

 

でもまあ、残り54GBあるので、ムービーさえ入れなければ、全然余裕です。

 

 

 

ちなみに、修理受付窓口(Apple正規サービスプロバイダ)で言われたのは、

 

購入後2年以内か以上かで、修理費用が変わる

 

‥‥とのことです。

 

私は、バッテリー膨張を発見した時に既に2年経過していましたが、購入2年未満で既にバッテリーの異常が発生している場合は、めんどくさがらずにサービス窓口に持ち込むか回収してもらった方が良いですヨ。おそらく、修理費用(というか、新品交換費用)が数千円(3〜5割)変わってくるはずです。

 

私は、iPhone 6 Plus(液晶不具合)で1年未満の修理、iPad Air(バッテリー膨張)で1年数ヶ月後の修理、そしてiPod touch(バッテリー膨張)で2年数か月後の修理‥‥と、色んなパターンを経験しましたが、一番お金がかかったのが今回のiPod touchでした。小さなiPodだから6千円くらいかな‥‥と思ってたら、結構お金がかかりました。

*iPhoneは無料(1年未満の保証期間内)、iPad Airは9千円、今回のiPod touchは1万2千円‥‥でした。

 

使い続けるつもりがあるのなら、早めに動いて、修理したほうが良いみたい、ですネ。

 

 

 

 

 


12.9のシート貼り

iPad Pro整備済み製品の12.9インチが届いて、梱包時に本体を包んでいた保護フィルムを剥がすと同時に、書き味向上フィルムを貼りました。

 

画面保護や書き味向上のフィルムやガラスは、今まで数え切れないほど貼って来ましたが、毎回、貼る瞬間は真剣勝負です。ちょっとしたことで、ホコリが混入したり、ズレて斜めになりますからネ。

 

 

 

今回も、きれいに貼れました。ホコリは混入せず、位置もピッタリ合いました。

 

小さい気泡も逃さず追い出して、なかなかの仕上がりです。

 

 

 

「綺麗に貼る方法は?」とたまに聞かれますが、綺麗に貼れる確率を上げることはできても、完全に100%の成功率を保証する方法は知りません。あったら知りたいです。

 

とにかく、ホコリが混入して付着するシチュエーションを出来る限り遠ざけることですよネ。

 

 

 

自分の部屋で貼るよりは、もともとホコリが舞い上がりにくい洗面所みたいな水を使う場所が良いです。

 

長袖ですと、袖に付着したホコリが、せっかく綺麗に拭き上げたディスプレイ面に舞い落ちる可能性が高くなります。寒くても、半袖で作業したほうが良いです。

 

髪の毛に付着したホコリも落ちますから、ディスプレイ面を頻繁に覗き込む=顔をディスプレイの真上に持ってくるのはヤメましょう。

 

そもそも、貼ろうとして準備しているフィルム自体=フィルムを保護している透明な剥離フィルムにもホコリがついています。剥離する手順は、それだけでホコリが舞い上がりますので、iPadの真上でおこなうのはNGです。

 

貼るフィルムの事前の擦り合わせをおこない、どの位置で上下左右四隅がピッタリとハマるかを把握しておきます。そうすれば、粘着面(接着面)の剥離フィルムをiPadから離れた場所で剥がして、一発で位置決めが出来て、余計なホコリを巻き込むこともありません。

 

ちなみに、商品の説明書にある「剥離フィルムを1/3だけ剥がして位置を決めて貼りつけ、残りの2/3を剥がして貼る」方法は、おすすめしません。ステッカーを貼る際は常套手段でも、ホコリ厳禁の手順には向きません。剥離フィルムにもホコリが付着していることを忘れなきよう。「残りの2/3を剥がして」の動作で、結構な確率でホコリがディスプレイに落ちます。

 

うわ〜‥‥めんどくさそう。

 

‥‥と私も思いますが、一般家庭にクリーンルームが望めない以上、ホコリを呼び込むリスクを出来る限り抑制するしかないです。何か「裏技」「必勝技」があれば良いのですが、微風でも舞い上がるホコリが相手ですので、「雑にやっても成功する」ようなミラクルはないです。

 

逆に言えば、ホコリを巻き込むシチュエーションを回避した丁寧な作業をおこなえば、フィルム貼りはかなりの成功率になります。

 

 

 

絵を描くのに、1本ずつ線を地道に描いて、しかも何枚も連続の動きを描いて動かすアニメの仕事。カットアウトともなれば、何百もの制御点の座標を、時間軸のキーフレームに地道に設定していくアニメの仕事。

 

それに比べれば、iPadの書き味向フィルムを貼ることなんざ、大したことはないっしょ。ホコリの発生抑制も一定のルーチンワークで済んで、毎回オーダーが異なるがゆえに表現する内容が毎回異なるわけじゃないんだから。

 

ただまあ、貼る瞬間は集中力がどうしても必要になるので、自分のiPadだけに留めておきたいなあ‥‥。

 

 

 


SuicaのApp

‥‥って、毎回正常に動いてます?

 

私はチャージのたびにトラブルに見舞われます。すんなりチャージできる確率は、体感10%くらいで、2040とか1050とか様々なエラー、C102のエラーとか、

 

SuicaのAppはエラーの巣

 

‥‥です。

 

なぜ、官庁とか大手のAppって、どうしようもないのが多いんでしょうね。某ホールディングのユーザ認証問題は記憶に新しいです。

 

使いやすさよりも、担当者の責任を重視するからかな? ユーザの使いやすさ・完成品の素晴らしさよりも、自分が責任を追及された時の逃げ道を優先する体質。

 

数あるiPhoneのAppの中で、Suicaだけエラーを頻発するので、Suica.appの根本の設計に関わるように気がします。

 

Suicaは憂鬱だなあ‥‥。電車に乗るのも嫌になる。

 

 

 


iPad Pro 第2世代(2017)

iPad Pro 12.9 第2世代の整備済製品を数週間検討した末、買いました。‥‥買い増し、しました。

 

PC関連は数年買い控える方針は変わらずですが、ぶっちゃけ、iPad Proは主力中の主力、金の成る木(木じゃなくて板か)なので、私の中で最良機種である第2世代を買い増しして、混在極まった作業データをiPadごとに分類し、Apple IDも分別整理して使うことにしました。

 

12.9インチ iPad Pro 256GB 整備済製品 ¥78,800円(税別)

 

 

デカいムービーをやたらと貯めることはしていないので、256GBで十分と判断しました。実際、既に購入済みのiPad Proで256GBを使い切ったことはありません。(作業データが溜まったら、外部のストレージに逃がすようにしてますしネ)

 

Apple Pencilは予備が数本あるので、それを使い回します。なので、本体価格のみ。

 

 

 

数週間、整備済み製品を眺めていたのですが、最近、ラインアップが減り始めたので決断した次第です。整備済み製品は売れたら終わり=在庫限りですもんネ。

 

2017年6月発売モデルなので、すでに3年近くが経過したことになりますが、発売当時に買ったスペースグレイのモデルは今でも超現役。120HzのProMotionや、広色域ディスプレイなど、Procreateの仕様を十分活用できて、しかも薄さと軽さは一級品。

 

たとえ今から3年使って、発売から6年経過したとしても、iPad Proが稼ぐ収益を考えれば、87,000円(税込)の機材費は早々に相殺できます。そのくらい、絵を描く人間にとって、物凄い燃焼効率のエンジンなのです。

 

 

 

新しいiPad Proは、そりゃあ、気になりますけども、16インチとか19インチが出るのなら話は別ですが、そういうウワサは一切聞きませんもんネ。

 

私はiPad Proを全世代持っていますが、第3世代の4K60pカメラは使わないままです。実際、大きな12.9を振り回して撮るよりも、iPhone8 Plusで撮るほうがほとんどです。

 

第4世代はiPhone Proの3眼カメラが搭載されるのでは?‥‥とのウワサですが、やっぱり12.9インチをカメラとして振り回すことは考えにくいです‥‥少なくとも、わたし的には。

 

カメラとしてのホールド・保持に関して、全く考慮されていないiPadでは、写真を撮るのは「急場のみ」ですネ。PDFが用意されていない絵コンテをカメラでその場でブツ撮りして、その画像にペンで書き込んで打ち合わせしたことはありました。

 

 

 

家も仕事場もiPadだらけですが、iPad2は現役を退いて久しく、iPad mini(Retina初期型)もそろそろお役御免の時期です。対応のiOSが古過ぎてネ‥‥。2010年前後の古いiPadはさすがにもう、ビュワーにもならんです。最新のOSとの連携が難しい。

 

一方、iPad Pro 12.9 第2世代は、3年前のモデルではありますが、第3世代と同等のポテンシャルを発揮しています。「金のなる板」に変わり無し。‥‥ゆえに、整備済製品を買い足し。

 

この時期に‥‥とは思いましたが、今後の展開も考えて、あえて買っときました。

 

 

 


スカイスパイ

休みに気晴らしにゲイラカイトでも揚げようかと思ったのです。

 

 

とべー とべー てんまで とべー ふう〜〜〜

 

‥‥という横ノリの歌は、今聞くとなんだかとても、ソウルフル。ゲイラは大流行したから、みんな歌ってたよね。

 

歌に入るまえのドラムのフィルがイイネ。

 

 

 

アマゾンのレビューを読むと、作りが昔より安くなっているとか。‥‥子供時代の記憶はあてにならないとは言え、買った人の率直な意見でしょうから、他のカイトも物色しつつ、タコの糸も探してたら、

 

 

 

この赤い服をして「タコ」「イカ」?? 茹でたイメージ?

 

ちょうど、直前に見てたタコの凧に似てなくもない。

 

 

いやいや、そもそも、カイトの糸のリールを見ていたはず。

 

よく見ると、商品のカラーバリエーション欄がメチャクチャです。

 

1つだけカイトリールがあったのでクリックしてみたら‥‥

 

 

‥‥は良いとして、

 

 

言うに事欠いて「紫の」とは、ずいぶん雑な物言いだな。

 

「紫の」やつ。

 

 

 

これで一気に冷めて、「休日はもっと他のことしよか」と思い直すのでした。

 

 


アイコン、1024px。

ふと、気になって、macOS Mojaveのアイコンのサイズを調べてみました。私の記憶の最後は、512pxだったので。

 

 

 

1024px。

 

icnsファイルをご存知の方はいらっしゃると思いますが、アイコンにはいくつかサイズがあって、表示状態で使い分ける仕組みになっています。1つのアイコンの中にいくつものサイズや色数があるのです。リストサイズのアイコンは、最初から小さいサイズのアイコンを使います。1024pxを数十ピクセルまで縮小したら溶けちゃうもんネ。

 

で、一番巨大なサイズが、今や、1024pxです。

 

 

 

たしかに、iMac 5Kともなれば、1024pxのアイコンがあったほうがドット荒れしなくて済みますネ。ドットが荒いアイコンって、なんだかビンボ臭いもんね。昔だったら、「デスクトップの再構築」(覚えてますかね?)ですネ。

 

一方、アニメ制作現場。あてつけみたいな言い方ばかりになりますが、現在1280pxでフィニッシュしてアップコン納品しているアニメ会社は、ほんとに、考え直したほうが良いですよ。いい加減、目覚めるべき、です。

 

プレステ1の頃って、イベントムービーのアニメ映像は、320x240/15fpsで作ってましたが、もはや使いものにならんよね、そんなサイズじゃ。‥‥あんなにみんなで手間をかけて作ったのに、320x240で馬鹿正直に作っちゃうからツブしが全く効かなくて、怪しいモザイク画像みたいじゃんか。せめて、640x480だったら‥‥。

 

2010年代はまだ1280pxや1600pxでもしょうがないとして、2020年代はひとまず4Kまでいかなくても、2560pxか2880pxくらいは必要なんじゃない?

 

ちなみに、地上アナログの頃、DVDが主役だった頃は、720x486(480)でした。‥‥今どきのアイコンの画像より小さかったんですね。

 

2000年に公開された劇場版Bloodは横幅はたしか1440pxでした。つまり、20年進化していない制作グループもある‥‥ということです。映像産業の中でアニメ現場がガラパゴスと言われる由縁です。

 

本業のアニメの原画よりも、iPadで落書きしている絵のほうが解像度が大きい‥‥なんていう人も多いんじゃないでしょうか。

 

2020年の現状が、後で笑い話として酒の肴になるよう、そろそろ皆で動き始めた方が良いです。アイコン画像に解像度で肉薄されるようでは、プロのアニメ制作もかたなしです。

 

 


アウトライナー

今まで、アウトライナー的な部分を自分の記憶だけに頼ってきた感があるのですが、最近は記憶力の減退を自ら痛感するに至り、せっかく10インチクラスのiPadもあるので、アウトライナーのAppを使い始めました。

 

箱書き的に要素を把握・リストアップして、細部を詰めていくのに、アウトライナーは便利です。

 

しばらく使わないまま放置していた初代iPad Pro 9.7インチを、キーボード付きケースに収納して使い始めました。MacBookなみに、すごく厚く重くなっちゃったけど、まあいいか。

 

キーボードショートカットがまだおぼつかないので、今はストレス半分な状態ですが、いずれ慣れましょう。

 

若い頃はねえ。アウトライナー的な整理整頓なんて、自分の脳内で全部賄えていたのに、今はアイデアが浮かんでも翌日には他のにかき消されて上書きされて、アイデアを思い出すのに苦労します。

 

必ず歳はとるもの。

 

目を背けるのではなく、直視して対応策・対抗策を講じます。

 

 

 

実際に、アウトライナーを常用し始めると、アイデアが揮発せずに書きとめられるので、良いですネ。

 

単にテキストエディタで、改行&タブインデントでも済みそうな感じですが、階層ごとに番号(アラビアやローマ数字)を付けられたり、ディスクロージャートライアングルで展開&収納できたりは、テキストエディタには望めないですもんネ。

 

2020年からは私も今までと同じことを繰り返すのではなく、自分の状況に応じて色々な方法を変えていかないとダメだと思ってます。

 

 


CCが取れた

AdobeのCC。2020年から「CC」を名前につけないように変わってますネ。

 

 

 

CS6とかCC2019とか、もう今までの「CSやCC」はナシ。今後はシンプルに名前とYearだけ。

 

‥‥ということなのかな。

 

それならそれでも構いませんが、当分の間は、ソートが乱れますな。名前でのソートで。

 

 


液タブの10年

10年前〜2010年当時に制作現場に液タブを導入する‥‥ということは、それはもう困難の連続でした。まず高価だったので(あ、それは今も同じか)液タブの必要性・必然性を説かなければ導入は難しかったですし、導入しても1680pxだかの解像度では当時から性能不足を感じました。加えて、ペンタブの軌跡の精度もかなり低かったです。「湾曲ポイント」が画面の中ほどにあって、そのエリアをペンタブが通過すると必ず線がヨレて湾曲する‥‥という中々のポテンシャルの低さでした。

 

10年経った現在、液タブの性能向上と相対的な低価格化により、導入ハードルは格段に下がったと言っても過言ではないでしょう。加えて、iPad ProとApple Pencilという新たな選択肢も2015年以降に生まれ、機材側ではなく、使う人間側のポテンシャルが問われる逆転現象が起きています。

 

今のアニメ業界。迷走以前に、走り出す前に何に乗るかで迷っています。

 

どこに向かって走るのかが判らない上に、何に乗って走り出したら良いかも決められない。‥‥そりゃあ、まあ、停滞するわな。

 

どこに向かって走るのか‥‥なんて、自分たちで決めれば良いじゃん。

何に乗って走り出すか‥‥なんて、自分たちで決めれば良いじゃん。

 

で、今のところの結論は、

 

走り出さない。どこにも向かわない。

 

‥‥なんですよネ。

 

液タブの10年間は、アニメ業界においては、液タブの性能だけが進化し、人々は進化しなかった10年とも言えます。進化できた人々はごく局所的に留まります。

 

 

 

私はiPad Proの初期型が2015年秋に発売されて以降、ずっとiPad Proでアニメ業界をはじめとした映像関連の仕事をしています。

 

新しい道具として、iPad ProとApple Pencilを使い続けて、4年間です。道具は「使ってなんぼ」「使いこなしてなんぼ」ですよネ。

 

iPad Proでは仕事ができないなんていう人を、たまにツイッターで見かけますが、「道具に使われちゃっている人」だよね、そういう人って。

 

道具は使うものであって、人間側が道具に使われていたら失笑この上なし。です。

 

つい最近、Procreateが5にバージョンアップして、簡易アニメ機能が追加されましたが、アニメ機能なんてなくても原画作業はできましたヨ。‥‥何度も書くけど、クイックアクションレコーダーなしでも今まで原画を描いてきたわけですから、ペンタブになった途端、なぜ「動きをシート通りに再生できないとわからない」なんて言い出すのか、不思議なんですよネ。

 

クイックアクションレコーダーがあるスタジオのほうが珍しかったはずなのに、なぜ、今は必須なんでしょうね。みな、頭の中で動きを組み立てられなくなっちゃったの?

 

でもまあ、Procreateに簡易アニメ機能ができて、パラパラと複数枚連続で動きが確認できるようになったのは、良きことです。クリスタも最近のバージョンアップで画面が広く使えるようになって進化しました。‥‥そうして、どんどんペンタブもAppも進化を続けています。

 

アニメ業界の人間たちだけが、おいてけ堀です。

 

でもそれは、自分らが自ら立ち止まって進まないがゆえです。

 

 

 

液タブ・タブレットPCは2010〜2019年の10年間に、大きく進化しました。

 

一方、アニメ業界の人間、特に、作画の人間はどうでしょうか。

 

2020年代の現場がどうなっていくのか、進化に取り残された作画工程の当人たちが、考えていくしかないです。

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM