マルウェア嫌疑

最近のmacOSはセキュリティが厳しくなって、昔のように簡単にインストールできなくなっています。それはプラグインとて同じ。

 

こんな感じで。

 

 

開発元からダウンロードしても、署名的な何らか(詳しくは知りません)がファイルの中にIncludeされていないと、こういうことになります。現在はApple Scriptも署名できるようになってますもんネ。

 

なので、署名のない、私が以前自分で作ったスクリプトも、同じくハネられます。

 

 

 

ウィンドウのボタンをクリックして「ゴミ箱に入れ」たらしょうがないので、ウィンドウ左下のハテナマークでヘルプを表示して読んで、冷静に対応しましょう。

 

こうすればよろしいです。システム環境設定のセキュリティの一般で、「このまま許可」で。

 

 

 

もちろん、得体の知れないファイルを許可するのはマズいですが、開発元・発売元(今回はRedGiant)から確実にダウンロードしたものなら、許可して使えるようにできます。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM