コンセプト:ベクターのドロー。

最近、新たに「コンセプト」というドローソフトをiPad Proで使い始めました。クリスタやHarmonyなどでベクター系のドローに慣れてきたこともあり、アニメだけでなく日頃の絵描き作業をベクターへと徐々に移行すべく、ラスターベースのProcreateに加えて、ベクターベースの「コンセプト」も標準ツールとして加えました。

 

https://concepts.app/ja/

 

コンセプトはまさに「コンセプト」を練るアイデアスケッチのために、様々な「直感的」なツールが用意されています。

 

例えば、カラーパレットは環状になっていて、指で回して色を探す操作自体が楽しいです。

 

 

 

試しに鉛筆っぽいタッチで描いてみましたが、全ての線はベクターになっているので、寄っても引いてもエッジが荒れることはなく(テクスチャは拡大されますけど)、後でグニグニとベクターの軌跡を変更することが可能です。

 

 

 

いかにもビットマップっぽい描線も、ベクターなので上図のように描いた後で変更が可能です。同じレイヤーに描かれていても、一本ずつ、線を取り出して変更できます。

 

淡彩風の淡い水彩のトーン、コンテパステルやインクのペン、寝かせて描いた鉛筆など、全てがベクターベースで管理され、全ての軌跡を個別に記録しているようです。

 

こうしたベクターベースの絵は、まずクリスタのベクターレイヤーで慣れ始めて、Harmonyのベクターブラシでさらに慣れ、今回のコンセプト.appでは、日頃のお絵描きにもベクターに馴染んできました。実際、ビットマップの時と、差はほとんど感じずに絵を描けます。

 

コンセプト.appで描いた描線は、Harmonyのテクスチャ付きベクターブラシで再現可能と思われますので、アニメーション化も視野に入れたスケッチも可能でしょう。日本のカットアウトの夜明けはまだ先でしょうが、コンセプト.appでどんどんアイデアを貯められますネ。

 

 

 

コンセプト.appは「ベクターなのをいいことに」、キャンバスのサイズ設定がありません。縦何ピクセル、横何ピクセルという、キャンバスの設定なしに描き始められます。

 

*ポースが思いつかなかったので、下半身は描いていません。すまんス。

 

 

筆記具は様々なプリセットが用意してあり、ペン先とテクスチャの画像を自分で用意して、フルカスタムすることも可能です。ペン先が筆跡ごとに入れ替わる「ペン先のアニメーション」的なこと(Harmonyにもあるヤツ)も可能です。

 

 

 

まだまだ自分にピッタリ合ったプリセットは作れていませんが、基本のプリセットでも使い勝手が良いので、色々と遊びながら描けますヨ。

 

ペン画風のペン、鉛筆画風のペン、ベタ塗りなど、色々と試しているうちに、ココロの謎を映す絵を描きました。この描線が全部ベクターだというのは、中々面白いですよネ。

 

 

 

他にも色々描いてみました。気軽に描けるので、どんどん描いてしまいます。

 

*スクリーントーン・網がけみたいなこともできますヨ。

*ベクターなので、回転や拡大縮小の修正をしても線のエッジがボケません。

 

*極細マーカーみたいな線も全部ベクター。

*ツールの占有率が低いのも、iOSのAppらしくて好印象です。クリスタはデスクトップ版との差を最小に抑えるため、どうしようもないのでしょうが、気軽に絵を描くなら、Procreateか、このコンセプト.appですネ。

*‥‥しかし、こういう「マズルが長め」のキャラは昔から苦手なんスよ。どうしても前方への突き出しが控えめになってしまいます。

 

 

実際のインクや鉛筆と同じく、ペンの寝かせや速度、筆圧の強弱は、モロに描線に反映されます。そこが何とも楽しくて、ついつい描き続けてしまいます。

 

もちろん、軌跡を綺麗にスタビライズする機能もあります。

 

ただ、キャンバスサイズを気にせず、あまりにも自由に描けるので、グリッドを表示させておかないと水平感覚が無くなります。‥‥この記事のサンプル絵も、つい、斜めに描いてしまいました。

 

描くときには、グリッドは表示させておいた方がよいですネ。ちなみに、水平にちゃんと戻したい時は、水平位置まで二本指ピンチ回転で戻すと、スナップして0度になります(Procreateと同じ)。

 

 

使う上で一番重要なこと‥‥ですが、ジェスチャーはProcreateと基本は同じで、

 

指先=消しゴムに割り当て可能

長押し=任意の機能に割り当て可能

ピンチインアウト&二本指ドラッグ=画面の拡大縮小・回転・移動

二本指タップ=UNDO(任意の機能に割り当て可能)

三本指タップ=REDO(任意の機能に割り当て可能)

四本指タップ=ご自由に。

 

‥‥のようなジェスチャー操作が可能です。

 

消しゴムをいちいち切り替えるのは面倒ですよネ。指先消しゴムはiPad必須の機能です。

 

また、消しゴムは画面の拡大縮小に関係なく一定サイズなので、大きく消したい時は画面を引いて、細かく消したい時は画面を拡大すれば、消しゴムのサイズを変更することなく、思いのままに修正できます。

 

 

 

コンセプト.app

 

UIの設計にかなり心血を注いで考え抜かれている様子が、使っていてヒシヒシと伝わってきます。

 

どうすれば、アイデアをストレスなく描きとめることができるのか、作り込まれたAppのように感じます。

 

買取もサブスクリプションも両方用意されているのも、現在のユーザのキモチを反映していて好印象です。

 

私はサブスクリプションにしました。こうした優れたAppは、どんどん開発を応援したいので。

 

 

 

その昔、ベクターの描線といえば、「無表情」「無機的」の代名詞みたいな印象がありました。

 

しかし今は、この通りです。生々しい鉛筆線みたいなものも描けます。淡彩の塗りすらも、何もかも全てベクターです。

 

 

 

今どきはもう、こういう線がベクターで、かつレイテンシーも気にならないほど、ペンの使い心地も良くて、自由に描ける時代なんスね。

 

いやはや。

 

iPad ProとApple Pencil。

 

Procreateとコンセプト.app。

 

どんどん可能性が広がりますネ。

 

今の時代に生きてて良かったと思います。正直なキモチで。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM