サイマン

サイバーマンデーって、何?

 

以下、Wikiより。

 

アメリカ合衆国では、伝統的に感謝祭翌日の金曜日(ブラックフライデー)から年末セールが始まり、感謝祭の休暇中、実店舗は買い物客で混雑する。

 

休暇明けの月曜日にインターネットを使ってECサイトにアクセスして買い物をする人々が多いためであるとも、感謝祭の休暇中には実店舗での買い物に外出したり帰省していた人々が、家庭に戻ってオンラインでショッピングするからであるとも言われる。また、オンラインショップ各社がサイバーマンデーと銘打って大売り出しを行うことも、当然、売上が大きく増える要因である。

 

 

感謝祭? 生粋の日本人で実質無宗教(=親戚筋で仏教の流派が混在している上に、寺だけでなく神社にもお参りする)の私には、何のことかさっぱり。

 

まあいいです。要は「安売りする」んでしょ?

 

というわけで、私の誕生月ということもあり、最近は文字ベースの読書(=マンガやムックではない)もするので、Kindle Paperwhiteを4000円引きで買いました。

 

 

 

第10世代の、32GB、広告なし、WiFiモデルです。

 

漫画などグラフィックを含む書籍は迷うこともなくFire端末で読みますが、軽さが欲しいのと、しっとりと落ち着いた文字で読みたいのとで、 FireではなくKindleにしました。

 

漫画やムックを読むのなら、Fireの7、8、10はおすすめです。ムービーもmp4やm4vでFireで再生できます。Fire 10は特にオススメで、実際私は何台も持っています。‥‥すごく綺麗なグラフィックなのに圧倒的に安いですからネ。Fire 10は今回のセールで、ついに1万円切りの9980円まで値下げセールしてますヨ。今や128GBのSDXCのマイクロカードも3000円ですから、Fire本体は16GBや32GBでも、保存容量に困ることはなさそうです。

 

 

 

なんかさ‥‥。ブログとかツイッターって、無力さを感じることが多くなってきてましてネ。

 

ツイッターは言うに及ばず、ブログも、結局は言葉・文章の断片でさ‥‥。「ちょっと見聞きした程度で、知った気分になる」、考えて見ればものすごい弊害がありますよネ。このブログだって、体系立てて書いてはいませんから、「公開日記」にしかならないです。日々の断片や雑感しか書き綴れません。

 

ツイッターでいくら連続投稿したところで、何か問題は解決できたのでしょうか。読む側も、何か大きな物事の流れや仕組みを理解できたのでしょうか。

 

ちょっと耳にした程度の「断片的な情報」に翻弄されて、むやみに危機感を募らせる一方で、「みんなも大変そうだし、自分だけでなくて良かった」なんて、何の改善の足しにもならない「当座の安堵」でごまかし続ける構造に昔以上に飲み込まれているように思います。

 

一人で外食する時とか、何の気なしにツイッターを眺めがちですが、「困った」「大変だ」「苦しい」「許せない」「間違っている」「怒っている」というツイートのループを目にするよりも、Kindleで購入した戦史や古典を読んだほうが、実は日々の生活や取り組みに対し情報として有効ではないか‥‥ということに、最近(今さらながら)気づきました。

 

同じ文字を読むのなら、専門家の史実分析に基づく戦記・戦史のほうが、どれだけ仕事の役にたつことか。

 

最近、ポーランド1939年前後の戦史を読みましたが、戦いが始まる前の外交や歴史的経緯のほうが興味深くヘヴィな内容でした。「うわあ‥‥学ぶべきことの宝庫だぞ、コレ」と思いましたヨ。1939年9月1日に第二次世界大戦勃発‥‥なんて暗記だけしてても、何の役にもたたんわ‥‥と痛感しました。ベック外相、リッベントロップ、チェンバレン、ダンツィヒ、ソビエト、ポーランドが地図上から消滅した歴史的経緯、枢軸国の日本、そして世界仰天の独ソ不可侵条約とそれに至る経緯など、ツイッターやブログじゃ絶対に書き切れないし読み解けない内容を、Kindleの書籍は提供してくれます。

 

古今東西の優れた書籍を「飯を食いがてらの少ない時間でも」読むのが、大きな自分の推進力となるように感じています。

 

 

 

KindleやFireによって、自分にとって有益な文書に触れることは、「自分自身のreboot」にもなります。たまには再起動しないとネ。

 

で、どうせ買うなら安い時に。

 

サイバーマンデーは、Amazon端末の買い時です。Fire 7なんて、税込みで3480円だもんネ。なんなのでしょうかネ、その値段は‥‥。安すぎるでしょ。20代だった過去の自分に「セール価格とはいえ、2010年代後半には7インチのタブレットが3480円で買える時代が来るよ」と教えたら、地団駄を踏んで1980年代を悔しがることでしょう。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM