新型に備える

既に新型iPad Proを手にしている人も多いかと思います。私もApple Pencilの新型だけは手元にあります。しかし、iPad Proはいつも背面に刻印を入れるので、到着が遅れてもうしばらくおあずけです。

 

iPad ProとApple Pencilがあれば絵が描けるぞー!‥‥というのは確かにそうですが、重要な追加購入品があります。

 

これ

 

 

 

 

これなしには始まらない。

 

今まで何度も書いてきたことですが、ガラスの上に絵を描くのは「非現実的な感触」ですので、どうしてもこうした「ザラザラシート」が必要になります。どんなに自転車に慣れていても、アイスリンクの上で走ったらすっ転びますよネ。同じく、思い通りの「ペンの制動」を実現するには、ザラザラシートは欠かせません。

 

iPad Proの新品が届いたら、すぐに開封してイジクるんじゃなくて、埃の付いていない新品状態のまま、まず最初にシートを貼り付けてから使い始めるのが良いです。

 

作画業務において、iPad Proは趣味の品ではなく、モロに作業道具なので、不用意にイジクって埃だらけにした後にシートを貼るのは非効率です。新品状態でも開封する時にいくつかの埃が付着して、丁寧に除去する手間が生じるくらいですから、iPad Proの到着前にシートは用意しておいて、すぐに貼れる準備をしておくのが「プロ作業用途の段取り」です。

 

 

そういえば、最近のProcreateのアップデートはマイナーアップデート(0.xのアップデート)にしては大躍進の内容で驚きました。

 

何と言っても「今まで図形定規と呼べるものがなかったProcreateで、丸や三角などの図形が綺麗に描けるようになった」のは嬉しい限りです。従来のProcreateでは定規機能で随分と苦労してきた(=図形のテンプレートファイルを作っておき、コピペで凌いでました)ので、Procreateの大弱点が一気に解消されたと言っても過言ではないです。

 

前から「直線定規」だけはあったのです。線を引いた後でしばらくそのままにしておくと、始点と終点を直線で繋ぐ機能です。

 

加えて、今回は、従来の操作はそのままに、円と多角形に対応しました。

 

 

赤い線がヘロヘロに描いた図形、青い線がProcreateの「図形アシスト(=正式名称ではないです)」による図形です。

 

ペンのマティエールや強弱の表情を継承しつつ、綺麗な図形を描画できるのは、Procreateの系譜そのままです。

 

描く時に強弱をつければそのまま強弱が反映されますし(=諧調トレスに活きる)、ペンの細かい設定による表情もそのまま反映されます。傾きによる線の不均質も、縦と横の太さの違い(カリグラフィなどの平ペン)もそのままです。

 

もちろん、濃淡も太さも変化のない無機質なペンのプリセットを作れば、線の太さが一定の図形も描けます。図中の二重円がソレです。

 

秀逸なのは、描いた後でシェイプを操作できることです。

 

 

 

カーブを描けば「円弧」のパスを操作できますし、多角形ならば「ポリライン」の角の頂点を操作できます。細かい絵でも拡大して操作すれば、何の不都合もなし。

 

 

 

うーむ。

 

この図形アシスト機能‥‥、無敵に近くないか?

 

今まで定規機能がショボくて、他のAppに及ばない部分も多々あったProcreateですが、この機能で一気に「一番使いやすい」Appに躍り出た感すらあります。

 

 

Procreate=プロクリ、Clip Studio EX=クリスタ、そして来年配布されるiPad版 Photoshop=フォトショの、3つあれば、ドロー関連は(Photoshopをドロー系と呼ぶのは抵抗があるが)全て足りるような気さえします。他のドロー系ソフトを対価を払って導入する意義がどんどん薄れます。

 

ちなみに、Procreateでは早速、Apple Pencil 2型のペン上のタップによる機能呼び出しが設定できます。

 

*Procreateがどれだけジェスチャを有効活用しているかが、この設定画面だけでもわかりますよネ。

*Procreateはジェスチャを覚えないと作業が進まないくらいジェスチャに依存していますが、画面をむやみにウィンドウで占有せずに広く使えますし、いちいちメニューから機能を呼び出さなくても済むので作業速度がとても速くなります。Procreateの操作感に慣れると、旧態依然とした「ウィンドウ型」「メニュー型」のドローソフトが歴然と野暮ったく感じられるほどです。

 

 

新型に備えて、ザラザラシートも準備しつつ、Procreateの新機能の設定もアレコレ下見しておき、来週からすぐに使えるように準備しておこうと思います。

 

昔は、作画ともなれば紙と鉛筆の毎日でしたが、私の作画の日常は今やiPadとApple Pencilまみれです。

 

新型、旧型に関わらず、薄くて軽快で、どんな場所にも馴染むiPad Proは、作画の意識を根底から変え得る、新時代の作画道具だと実感する日々です。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM