雑感。

ブログを書いてきて、同じ内容の繰り返しになっているのを感じているのですが、かと言って、現在進行中のアレコレをベラベラここで喋る(書く)わけにもいかず、書けることだけに終始すると、やっぱり同じ内容の繰り返しになります。

 

もう何度も4KやHDRや60pの題材でブログも書いてはきましたが、業界平均の現環境はRec.709がほとんどである状況を鑑みれば、4KHDR60pにおける手法や技法に触れる話題を書いたところで、独り相撲のようにも思えます。

 

来年、再来年と時代が進めば、なるほどと合点が行くことも、2018年の現段階では荒唐無稽にも思えましょう。

 

 

 

1990年代終わり頃もそうでしたし、2000年代中頃もそうでした。新しい技術に対応できない人と集団は消えて去り、新しい技術を使いこなす人と集団が台頭する。‥‥同じことがまた未来も繰り返されます。今回だけ例外‥‥だなんてことはないです。

 

2020年代の4K60pHDR時代に、特にアニメーターはどう生きていくのか。誰かが助けてくれても、それは一時的な救済措置でしかなく、結局はアニメーター自分自身で未来の高品質映像技術に立ち向かっていくほかありません。それができない人間やグループは、過去の存在として忘却の彼方に消え去るのみです。セル画やフィルム撮影台と同じように。

 

すぐにでも新しいことはできます。たとえ個人レベルであっても、そのアクションが未来に大きな発展の原点となります。

 

逆に、古いことに執着して閉じこもることもできます。たとえ集団レベルであっても、です。

 

「どっちの道を選べば良い?」‥‥とか言いがちですが、何故、どちらか2択に固執するのでしょうかネ。移行期に完全にどちらか「だけ」にシフトすることなんて不可能ですヨ。両足を突っ込むしかないです。

 

でも、「未来はかならず来る」ことだけはわかりきっています。だったら、今、何をしつつ、何に手をつけるべきか、事細かく言われなくても判りますよネ。‥‥ということも散々書いてきたことだから、もういいか。

 

 

 

ふと頭をよぎるのは、「シフトできなかった人」「新しいムーブメントに乗り込めなかった人」は、未来にどうなるのか‥‥ということです。引退と同時に年金生活にシフトして、「昔のやりかたのまま」逃げ切れる年齢の人はまだ良いでしょう。そうじゃない人はどうする? アニメは、「若き日の夢の思い出」にして、全く別の職業に転職しますか?

 

以前、ツイッターで「アニメ業界という毒ガスの中にいる苦しみ」という文言を目にして、何だか私の考えている「燃焼効率」というテーマとも妙にオーバーラップして、言い得て妙だと思いました。

 

昔から今に続くアニメ制作現場の「制作エンジン」は極めて燃焼効率が悪いです。制作現場それ自体が毒ガスなのではなく、制作現場を動かすエンジンが毒ガスを発生させやすい構造であることを、目をそらさず、両眼で見据えるべきでしょう。

 

制作エンジンたる現場の「動力設計」そのものが、すでに「反時代的」「反社会的」とも言えるのです。だからブラックブラックブラック‥‥と連呼されるのですヨ。ブラックとは、現場の「毒ガスエンジン」が排出した煤の色でもあるのです。

 

ガソリン1リットルで2kmしか走れないエンジン。パワーを出すために燃費を犠牲にして、真っ黒な排気ガスを撒き散らして走る自動車が、未来社会に受け入れられるでしょうか。アニメ制作でも、全く同じです。大量の人員を使い捨てるような勢いで制作するエンジンをそのまま許容し続けるべきでしょうか。

 

時代の変化に合わせて、エンジンも変わるべきだと、私は思います。人間が内包するエネルギーを、今までの制作技術構造に投入していたら、いつまでも毒ガスを撒き散らすでしょう。人間のエネルギーは、燃焼効率を飛躍的に高めた新しいエンジンでこそ、活用されるべきと私は思います。

 

‥‥と、これも、今まで何度も書いてきたこと‥‥でしたね。繰り返しになってますネ。

 

 

 

未来に何をすべきかは、個人の自由ですし、集団の選択次第です。

 

映像作品作りは技術の塊です。しかし「塊」は「固まり」ではないです。塊を構成する要素は常に変化し続けて、ある一定期間で大きな転換期がきます。フィルムからデジタルデータへの転換期を経験していなくても、30代の多くの人はSDアナログ波からHDデジタル波の転換期の現場を体験しているでしょう。同じような転換期は数年後に確実に来ます。アニメ業界に都合よく2K 24p SDRのままで固まることはないです。

 

個人の自由、集団の選択。

 

その自由と選択によって、自分と自分たちの未来は大きく変わります。

 

 

 

とまあ、繰り返しばかりになるので、しばらくはこのへんの話題は取り上げないで、ライトテイストな話題に切り替えようと思います。ヘヴィなテイストをいくら持ち出そうが、核心に関わる内容やコンフィデンシャルな事柄はここでは書けないですもん。あくまでブログですもんネ。ブログやツイッターには忖度が付きまといますもんネ。

 

AdobeやAppleの新しい何々がどうだ‥‥とか、何々を買ったみたら案外良かったよー‥‥とか、そのくらいがちょうど良いのかな‥‥とも思うこの頃。

 

変わる時がくれば、何を書いても書かなくても、結局は慣性の法則の通りに、変わるんだし。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM