3桁fps

最近までAfter Effectsのコンポジションのフレームレート欄は、「99」で打ち止め、つまり100以上のfpsは入力不可だったのですが、最新のAfter Effectsでは「120fps」がプリセットの中に含まれており、いよいよAfter Effectsもフレームレート3桁の時代に突入した‥‥みたいです。

 

いつ対応したんだろ?

 

でもまあ、ようやく対応してくれましたか。

 

ちなみに、240を入力してもちゃんと受け付けてくれますし、タイムラインも0〜239で1秒になってくれます。

 

 

 

 

「240fps」なんて使わねーよ‥‥なんて言う人は、狭い視野の人

 

最終出力だけが映像出力の全てじゃないじゃん?

 

24fps作品だからって、素材まで24fpsだけで作るのは‥‥、って、まあいいか、それは。

 

フレームレートって、色々と使い道があるんですよ。

 

 

After Effectsが3桁fpsに対応してくれたおかげで、かなり融通の利く運用が可能になります。

 

目下は60fpsがメインですが、120や240fpsも可能になったことで、運用次第でマシンの負担を軽減できます。‥‥まあその代わり、HDDの容量は一段と逼迫するでしょうが、HDDも今や3TBで8000円の時代ですから、2000年前後に比べればむしろ楽です。

 

 

ソフトウェアを含め、作業環境や世の中が徐々に4K8K時代に移行してくれて、嬉しい限りです。

 

最近、UHD BDの案件にいくつか立会いましたが、フィルム作品でも4Kの効果は絶大ですよ。

 

フィルムに記録されたセル画と背景美術のディテールが、生々しく4Kテレビで描写されます。

 

フィルム作品を本当に楽しみたいのなら、今後発売されるであろう、ちゃんと再スキャンした4Kのタイトルをお勧めします。旧作でも4K&HDRの効果は目に見えて素晴らしく、フィルムのポテンシャルを映し出すには、2K程度&SDR程度では全くの役不足だったんだ‥‥と実感した次第です。

 

HDRの効果も素晴らしく、2KとSDRの膜の向こうのぼやけて見えていたフィルムの真のエッジと発色が、4KとHDRで蘇ります。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM