スマート

私はTechToolPro(TTP)を昔から愛用しています。以前はディスクウォーリアも愛用していたのですが、今はもっぱら、TTPだけです。

 

最近、こんなものが。

 

 

うーん、Seagate。またお前か。(ST1000はSeagate製のHDDの型番です)

 

 

HDDの故障率なんて、そう簡単に公平にジャッジできるものではないですが、私の経験からすると、SeagateのHDDはよく壊れる‥‥というのが、率直な感想です。


私は、HGST、HGST工場製の東芝、WDの3つを基本としておりますが、たまに「改善したかな‥‥」と思ってSeagateを買うと、だいたい「やっぱりか。やっぱりな。」ということになります。

 

 

HDDといえば、最近WDが、「一部では評判のものすごく悪いGREENをBLUEに変えた」のは、ちょっと驚きです。見かけはBLUE、中身はGREEN‥‥て、よくそんなこと、地位も名誉もある大手の会社ができるよねえ‥‥。

 

私は、故障率の下がった新生GREENで売り出せば、それで良いと思うんですけどネ。アーカイブ用途(速度を必要としない。24時間365日通電しない。など)ならGREENでも「すぐに故障しなければ」、全く問題ないです。

 

ちなみに、以前のGREENの故障率はダントツで、色々なネットの記事で指摘されていました。まあ、GREENそのものだけでなく、例えばアマゾンの梱包も相当マズいとは思いますけどネ。HDDって超精密機械じゃなかったっけか‥‥と記憶が曖昧になるほどのアバウトな梱包で、アマゾンは出荷しますしネ。配送の途中で具合の悪くなる個体も相当多いのでは‥‥と思います。

 

一方、HGSTのHDDは、なんだかんだいっても、耐久性は高いです。壊れる個体もたまにありますが、平気で10年近く回り続ける個体も多いですネ。昔、「男は黙ってIBM」(HGSTは昔IBMブランドだったのです)と言われていた頃を思い出します。

*「男は黙ってIBM」=他に廉価なHDDがある中、割高だけどIBM製の信頼性の高いHDDを買うのが、ひいては作業環境の安定に繋がる‥‥という「心意気」(?)です。実質は男も女も関係ないので、「女も黙ってHGST」でも良いですけど。

 

 

まあでも、HDDなんぞ、どんな銘柄を買おうが、故障するときは故障します。

 

要は、どのような体制で作業環境を組んでいるか‥‥です。

 

 

SMARTエラーが出ても、TIMEMACHINEがあるから大丈夫。復旧は容易です。

 

バックアップ体制、復旧体制を準備していなかったら、抜き差しならない「一大事」ですけどネ。

 

アカンようになった際は、TIMEMACHINEで復旧すれば、短時間で応急処置が出来て作業再開可能です。バックアップ体制をとっておけば、何よりも心に余裕ができますし、トラブル時の復旧までの時間の見積もりも事前に予測できます。

 

 

今はかなり忙しくて、マシンをダウンさせてHDDを交換している暇などないので、このままやり過ごして、仕事が穏やかになった時に対処します。もし、明日壊れたら、外付けHDDから起動して作業を続けます。

 

 

ちなみに、TechTool Proは、あくまで日頃の健康チェックの用途で、何かトラブルが有った時に助けてくれるというよりは、トラブルを未然に検知するためのものです。過大な期待は禁物です。

 

HDDが発する音、マシンの反応速度、起動までの時間など、いろんな要素を総合してマシン環境の状況を日頃から掴んでおき、かつ、TTPのようなソフトも併用するのが、「コンピュータで飯を喰っていく道」です。

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM