Apple Park

Apple Park。

 

 

四月、オープンとな。

 

巨大な社屋。5600億円。‥‥むーん。

 

まあ、世界有数の企業だもんね。アップル。

 

 

iPhoneの時もそうだったけど、定期的にアナリストの定人数は、予想をハデにブチ外すよね。

 

Appleは経営破綻してどこかに買収されて消える‥‥なんて90年代に言ってたのは、どこのどいつだ。‥‥でもまあ、たしかに危なかったよネ、当時のAppleは

 

私だって、1997年に自費でPM8600/250を買う頃に、Windowsにしようか本気で迷いましたもん。でも、PM8600筐体の頃から、確実にAppleは立て直しを進めていて、その成果が製品に反映され始めていました。日本版のOSを漢字Talkとか言ってた頃からMacOSへと統合したり、マシンのメンテナンス性が格段に向上したりと、「Macにしてみても良いかな」と思い直せた時代が、1997〜1999年くらいの頃でした。

 

Bloodの劇場版を1999年に作っていた深夜のこと。ふとIEでブラウズした、AppleのWebにiMacが大きく映し出されたのを、今でもよく覚えています。あの不思議なパソコンが要は「スティーヴの仕業」だったんですネ。iMacは衝撃的すぎて、ニセモノの半透明一体型PCも出たし、そこらじゅうの雑貨が不必要にトランスルーセントになるわで、社会現象の起爆剤にもなりました。

 

色々言われる人だけど、結局はスティーヴ様々ですね。

 

 

でも、こうした社屋に、私はあまり憧れは感じませんよ。日本は日本独自のやりかたと美意識があります‥‥って、強がりにしか聞こえんですかね。

 

ディズニーやピクサーのキャラに心の底から愛をもてないですもん。アメリカの趣向には馴染みきれません。私はどんなに社屋が立派でも、もし扱うキャラがアメリカナイズされたものだったら、辞めちゃうと思いますしネ。

 

ほら‥‥。やっぱり、私は根底はとても保守的なのです。好きなものをより美しく表現するために、技術をどんどん乗り換えて進化させていこうとは思いますが、好きなもの自体を変える気など全くございません。

 

 

何か、元も子もない言い方になっちゃいますけど、「日本って、こんなだから、こんなキャラを生み出して、こんなアニメを作れる」とは思っているのです。利点でもあり、弱点でもありますネ。

 

ただ、「こんなままで良い」とは思わないので、何か新しい道筋を探そうとは思いますけど、あくまで日本の特性や美点を鑑みたものでありたい‥‥です。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM